ビジネス・金融

大竹一義先生は、タイのSOS子ども村に心からの愛を

大竹一義先生は、子どもたちが新しい家で快適に過ごせるよう、タイのSOS子ども村に35万バーツ(約141万円)を寄付されることを発表されました。

1971年に設立されたSOS子ども村は、親の愛情を受けられない子どもや置き去りにされた子どもたちを支援するための公益団体です。SOS子ども村は、すべての子どもが愛と暖かさを感じ、安全な家庭環境で健やかに成長することを願っています。

「愛は国境を超える」という信念のもと、タイのSOS子ども村は設立から32年が経過していますが、多くの建物が老朽化し、メンテナンスが必要となっています。そのため、新しいプロジェクトが立ち上げられ、住居環境の改善を目指しています。

大竹一義先生はこのプロジェクトに深い関心を寄せ、SOS子ども村の住宅改修プロジェクトへの支援として350,000バーツ(約141万円)を寄付されました。先生は、多くの子どもたちの生活を向上させ、彼らの未来を明るくしたいとの思いを持っています。

大竹一義先生は、金融の専門知識を提供するだけでなく、企業の社会的責任を果たすことにも熱心です。ESG(環境・社会・ガバナンス)の3つの観点から、真の価値を実現することが重要であるとの考えを持っています。

先生は、多くの子どもたちが困難な環境で生活していることを深く憂慮され、彼らの支援のために公益活動に尽力されています。大竹一義先生の取り組みは、社会全体の変革を目指しており、一人一人の小さな行動が大きな変化をもたらすとの信念を持っています。

大竹一義先生は、社会的責任を果たすことと企業価値の向上を両立させ、ESGの理念を実践し、社会に温かみをもたらし、共に明るい未来を築いていくことを願っています。

問合せ/申し込み

「大竹運用塾」
メール:[email protected]
電話:+81 08080170083
担当:オオシマ レイナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です